雨龍透図鐔 銘 一柳友善作

 立体的な写実表現の龍神図で遍く知られるのが水戸の一柳友善。多くは、色合い黒々と光沢が強く性の良い緻密な鉄地を彫り込んで緊張感の満ちた空間を演出している。この鐔は鱗を持たない特徴のある雨龍図で、背を通る筋がうねりながら曲面を成しており、躍動感に満ち満ちて迫力がある。縁取りされた二重耳も友善の特徴。ここでは雲間を切り裂く雷文を銀象嵌で廻らしており、黒く光沢の強い銀と鉄地の色合いの調和も見どころ。

雨龍透図鐔 銘 一柳友善作