top of page

雨龍文図鐔 無銘 西垣

 肥後金工の創造性の背景には、千利休に学んだ細川三斎の茶の美意識があったといわれている。平田彦三の轆轤鑢や西垣勘四郎の腐らかしなどがそれに通じているとみられ、素朴な地肌を指先で感じられることこそ最大の魅力。この鐔も腐らかしによって地面に微細な凹凸と抑揚を生じさせたもので、時を重ねて黒味を帯びた素銅地の肌合いと色合いも備前焼を思わせる。素銅地に浮かび上がる雨龍は金の象嵌。耳に赤銅覆輪を廻らせている。

雨龍文図鐔 無銘 西垣
bottom of page