top of page

雁金繋透図鐔 無銘 赤坂

 車状に切羽台と耳を繋ぐ装飾は耳の菊花形の構成線とも調和して美しく、伝統的な文様として古くから採られているように、広く武士に好まれた鐔の図柄である。京の文化を受け継いで江戸に栄えた赤坂鐔工も、尾張鐔などの古作を手本に緻密な作を遺している。鉄色黒く光沢の強いこの鐔は、雁金と抱茗荷の文様を密に施し、櫃穴にも茗荷を構成、所々に毛彫を加えて美観を高めている。

雁金繋透図鐔 無銘 赤坂
bottom of page