隅立四ツ目菱陣羽織

 黒の羅紗を素地とした陣羽織は襟の様式から江戸時代中期を遡るともられる陣羽織。襟の形状に切れ込みがなく、穏やかな曲線を描いて、そのまま引き合わせの下部に繋がる特徴的な構成となる。

隅立四ツ目菱陣羽織