鍾馗鬼図鐔 銘 長覇城住光高作

 長州鐔工光高は小野庄之進と称し岡本知賢の弟子。正確な構図からなる山水や龍の鐔を遺しており、鏨を効かせた描法は、この鐔でも活かされている。小鬼を捉えようと剣を研ぐ鍾馗の顔つきに対し、橋の下に逃れて震える小鬼の表情も見どころ。鉄地は緻密で色合い黒く、高彫と鋤彫で立体感に富み、山水だけでなく人物描写も優れていることが判る。

鍾馗鬼図鐔 銘 長覇城住光高作