top of page

鍵松葉透図鐔 無銘 金山

 時代の上がる金山鐔には同時代の器物を文様化した図柄などが多く、それが故に現代人には理解に苦しむ題材もある。それは禅の問答のように、武具の装飾性より自らを省みる意味が備わっているのかもしれない。この鐔は、鉄色黒くねっとりとした光沢があり、鍛えて叩き締めた鎚の痕跡が全面に遺されて景色となっている。さらに瘤状、筋状、粒状の鉄骨がいたるところに突出し、強い光沢を呈して存在感を高めている。

鍵松葉透図鐔 無銘 金山
bottom of page