鍵に雁金透図鐔 無銘 金山

 色合い黒く羊羹を思わせるねっとりとした光沢は、質の良い鋼を鍛えた古鉄のみが示す肌合い。戦国期の実戦鐔は、刀を腰に帯びる際に障りがないよう、本作のような小振りに仕立てられたものが多い。金山の特徴のあるこの鐔は、鍵と霊芝を雁金で繋いだ図柄。文様の題材はいずれも吉祥を意味している。光沢のある地鉄の処々に鍛えた鎚の痕跡があり、耳には細い筋状の鉄骨と穏やかに盛り上がる鉄骨が窺える。

鍵に雁金透図鐔 無銘 金山