銘 左右扇面透九曜丁子唐草文図鐔 無銘 西垣

 肥後金工の中でも西垣派は特異な装飾技法で存在感を高めた名流。鉄や真鍮などの渋く落ち着いた金属を用い、地に石目地を施すことにより深みのある美観を滲ませる工夫を凝らした。この量感のある木瓜形鐔では、左右に大きな扇面形の櫃穴を切り、その内側に鮮やかに輝く金覆輪を廻らして縁取りとし、金布目象嵌で細川家の九曜紋、丁子、瑞雲などを雪華状に構成して唐草と同調させている。背景の真鍮地の微妙な抑揚、腐らかしにより意図を超えた表情など素材美も味わいたい。
特別保存刀装具鑑定書(西垣)

銘 左右扇面透九曜丁子唐草文図鐔 無銘 西垣