銀杏図大小鐔 銘 尾府住則亮写

 初代則亮は治平と称し天明二年の生まれ。俳諧を嗜むと伝え、その感性は金工にも活かされたのであろう。鉄地を能くし、作品に「写」の文字が刻されているように信家や金家、柳生などの古作を手本に、時には本歌に迫る鐔を製作した。銀杏を全面に意匠しこの鐔は、薄肉彫の特質を活かした造り込み。葉脈の揃った筋が繊細で緻密、尾張鐔にあるような武骨さがなく、しかも重なった葉が巴状に動いているかのように構成も巧みである。一方で地鉄に強みがあり、その精緻な肌合いも魅力。

銀杏図大小鐔 銘 尾府住則亮写