鉈豆透図鐔 無銘 薩摩

 写実味に溢れてしかも力強さが加わった鉈豆は、薩摩に栄えた小田直香およびその一門が得意とした図柄。薩摩特産であり、食用、薬用と利用され、種が大きく実鞘が太く、強く反った鉈豆は腰刀を思わせるところからも、薩摩武士に好まれたようだ。鍛え強いこの鐔は、鉈豆そのままに量感のある実と葉、傍らを巻き上がる生命感と動きのある蔓、その繊細な先端、総てが彫口深く立体的で、鉄色黒く渋い光沢に包まれている。腰に帯びて障りがない小振りな造り込みは、操作性を重視する示現流剣術に則ったものである。

鉈豆透図鐔 無銘 薩摩