鉄錆地六枚張椎実形兜

 関ケ原合戦図屏風には、変り兜を着用して戦場を駆け回り、功名を求めて戦働きする武士の姿が克明に描かれている。本作は、この関ケ原合戦以前に製作されたとみられる椎実形兜である。裾板を湾曲させた日根野錣の裾板に革覆輪を施す手法は桃山期に流行したもので、数々の合戦図屏風にも同種の錣を持つ兜が描かれている。矧ぎ板は前正中より順次後正中へと矧ぎ合わされ、筋兜にあるような天辺の穴は実用上の理由により設けず、逆に、板を頭頂部の一点で矧ぎ合わせる高い技術が採られている。吹き返しは頗る小形で腕を振り上げる際の障りをなくしている。前立は真鍮地打ち出しになる、丸に梅鉢紋を備えている。

鉄錆地六枚張椎実形兜