鉄線花蝶図鐔 無銘 仙台金工

 細やかな地文に繊細な線象嵌や平象嵌を駆使して文様表現するを特徴としたのが仙台金工で、伊達家に仕えた草刈清定が代表。この鐔は、網代塀に絡みついて蔓を伸ばす鉄線花と揚羽蝶を、仙台金工の特徴そのままに精密に描写した作。朧銀地を高彫にし、赤銅、金銀の色絵象嵌を駆使し、蝶には平象嵌を加えている。

鉄線花蝶図鐔 無銘 仙台金工