鉄地黒漆塗六枚張椎実形兜

 関ケ原合戦屏風には、変り兜を着用して戦場を駆け回り、功名を求めて戦働きする武士の姿が克明に描かれている。本作は、この関ケ原合戦以前に製作されたとみられる椎実形兜である。日根野綴の裾板に革覆輪を施す手法は桃山期に流行した。吹き返しは頗る小形で腕を振り上げる際の障りをなくしている。鉢と綴を留める四つの鋲の内、一つは生ぶとみられるものが残っている。時代相応に錣の漆に罅が生じているが、保存状態は良好。

鉄地黒漆塗六枚張椎実形兜