釣鐘透図鐔 銘 埋忠橘宗義

 埋忠宗義は埋忠家の嫡流で数馬之助と称し、寛文二年、延宝九年の年紀のある刀剣類を遺している。埋忠一門は、明寿が琳派の美観を追求したように多彩な文様美を鐔に展開して名高く、特徴となっている。ところがこの鐔は、釣鐘透の金山鐔を手本とし、その鉄味さえも再現したもの。鍛えた鎚の痕跡が残る地鉄は色合い黒く鉄骨状に抑揚がある。装飾の最先端にあった埋忠派の本作には、復古意識を超える洗練味が窺えて興味が一入である。

釣鐘透図鐔 銘 埋忠橘宗義