top of page

金這龍図目貫 無銘 京金工

 明るく輝く金無垢地を薄手の容彫に仕立てた本作は際端が締まり、打ち出し強くふっくらと立体的。抜け穴の様子も古風で表側のみならず裏行も楽しめる。鑑賞は勿論のこと、大振りで量感もあるので大刀のお拵に付けても映えることだろう。

金這龍図目貫 無銘 京金工
bottom of page