野路の玉川図鐔 銘 高瀬栄寿(花押)

 高瀬栄寿は伊左衛門と称し、赤城軒元孚に学んだ水戸の金工。古典に学んだ文学的香りの高い画題を写実表現するを得意とした。野路の玉川は、古歌に採られて広く知られていた六玉川の一。琵琶湖に流れ込む清らかな水と、静かに咲く萩の採り合わせは絵画の題としても人々の心を捉えた。この鐔は、曲線的構成の萩と水流が同調して気の動きを感じさせ、水に映った月も過ぎることなく景色となっている。深みのある朧銀地に銀を含んだ金の色絵が馴染んで殊に美しい。

野路の玉川図鐔 銘 高瀬栄寿(花押)