top of page

這蔦老松図鐔 無銘 加賀後藤

 古典的な趣のある老松図鐔。加賀前田家に出仕した後藤家の金工が、加賀金工に技術を伝授して製作した作を加賀後藤とよび慣わしている。携わったのは後藤宗家七代顕乗、同九代程乗などで、後藤の伝統を超える創造において文化的発展に大きく寄与している。風景図においても、それまでの後藤にはない華麗な風合いが加わっているところに特徴がある。この鐔でも、蔦の絡まる老松が金で装飾されて一時代遡る風情が感じられる。手法においても、各部が肉高く彫り出され、色絵は薄い金銀を被せるうっとりの手法が採られて豪壮。漆黒の魚子地と金覆輪も重厚な趣がある。

這蔦老松図鐔 無銘 加賀後藤
bottom of page