top of page

車透図鐔  無銘 古甲冑師

甲冑師の技術は、鍛鉄を構造化させて堅牢な武具を製作するところにある。筋兜が良い例で、薄く打ち出した鉄片を組み合わせて頑強な防具とした。この鐔も甲冑師にままみられる構造鐔。板鐔とは異なり、細い鉄板を放射状に仕立て、耳と切羽台とを鍛着することによって重量を軽減させたことを補う強度に意が注がれている。地鉄は色黒くねっとりとした光沢があり、カランとした響音が時代感を鮮明にしている。切羽台に刻みを設けており、放射状の筋は朝陽を想わせる。 

車透図鐔  無銘 古甲冑師
bottom of page