西行遊行柳図鐔 銘 正光(花押)

 歌枕を訪ねて奥州へと向かう途中の、那須野(現栃木県那須町)において「道の辺に清水流るる柳陰しばしとてこそ立ちどまりつれ」の歌を詠んだ西行を彫り描いた作。正光は林英三郎と称し会津正阿弥派の鐔工。山水風の構成で洒落た風合いの鐔を遺している。 

西行遊行柳図鐔 銘 正光(花押)