蝶透図鐔 無銘 応仁

 室町時代の古鐔には画題が判らない作が間々見られる。同時代に興隆した禅の公案にもあるように、想像力を膨らませて新たな世界観を導き出す、或いは思索し尽くして自らを突き詰めるという問題提起があったと思われる。この鐔は、応仁頃に始まった、真鍮の点と透かしの縁を彩る線からなる文様表現が、古風でしかも魅力的な作。鉄色黒く、簡潔な文様が一際鮮やか。又、如何なる拵に装着されていたものであろうか想像するのも楽しい。特別保存刀装具鑑定書

蝶透図鐔 無銘 応仁