top of page

蜘蛛図鐔 銘 羽州秋田住正阿弥重定

 蜘蛛は知識のある昆虫として尊ばれ、装剣小道具にも好んで採られている。石川重定は秋田正阿弥派の金工で藤左衛門(藤兵衛)と称し、後藤通乗に学んで後藤風の赤銅魚子地の高彫表現を得意としたが、この鐔は正阿弥流の高彫表現からなる作で、真鍮地に赤銅の蜘蛛を印象深く高彫表現している。地金は厚手の真鍮地を磨地に仕上げ、耳際を鋤き下げて打ち返し、地面に抑揚変化をつけている。蜘蛛は銀平象嵌になる巣の中にあって存在感を示し、総体に迫力のある作品となっている。

蜘蛛図鐔 銘 羽州秋田住正阿弥重定
bottom of page