蛇図鐔 銘 春日之戯作之而予 装刀石長義

 鐔の耳を活かし、実在の蛇のように胴体の丸みまで写実的に肉彫表現した作。色合い黒く光沢のある地鉄は鱗の表現に好適。蛇の背中は簡素な毛彫、腹部の縞模様は浅い鋤彫ながら、鉄地の質感を違えており、特に首のあたりの曲面からなる構成はぬめっとしており、脈動して這い出しそうな風合い。目玉も縦長で特徴を捉えている。鐔そのものを平坦な造りとせずに抑揚を持たせているところは独創的である。長義は陸奥国岩代の武人と思われ、慰造、戯作などと添銘を刻した作品を遺している。

蛇図鐔 銘 春日之戯作之而予 装刀石長義