蕪に蝶図鐔 無銘 江戸肥後

 大振りの泥障形に仕立てた、江戸肥後の魅力横溢の作。江戸肥後とは、仙台出身の熊谷義之が江戸に出て肥後細川家に仕え、伝統の趣に新味を加えて隆盛した華やかな作風を指す。本作のような鉄地金銀布目象嵌が特徴。渦巻状の荒らし地を高彫にし、表には掘り出したばかりの蕪を大胆に意匠し、そのまま裏へと連続させ、緑の葉に誘われてきた蝶を添え描いている。葉に施された細かな布目象嵌と葉脈の筋、銀の蕪が深みのある色合いを呈している。

蕪に蝶図鐔 無銘 江戸肥後