top of page

葵車図鐔 無銘 古正阿弥

 不思議な味わいのある古正阿弥の鐔。室町時代には応仁鐔や平安城象嵌鐔のような古拙ながら装飾性に富んだ鐔が製作され、古式の車状の構成にも独創が示された。この鐔が良い例で、葵葉か河骨葉か、その八方に突き出すような意匠で、技法はいかにも古風。真丸形の鉄地は、表がわずかに中高の仕立てで、裏は平坦に処理された興味深い造り込み。葵葉は渋い色調の山銅地を薄手に仕立てた古拙な象嵌。その周囲や要所に銀の布目象嵌を施して縁取りしているところも古様式である。 

葵車図鐔 無銘 古正阿弥
bottom of page