top of page

葦原に櫂図鐔 銘 明義(花押)

 葦原に打ち捨てられた櫂を主題に、舟戦の跡を想わせる場面を彫り描いた作。明義は正阿弥派の流れを汲む陸奥国会津の鐔工で、東北地方を歴訪した河野春明の門人。鉄地を活かした作を巧みとし、師風の洒落た景色を、精巧な高彫象嵌で表現する手法を得意とした。この鐔も、抑揚変化のある鉄地で、霧か霞か気の立ち昇る風合いを演出している。葦は金象嵌、櫂は赤銅象嵌で、印象深い風景を生み出している。

葦原に櫂図鐔 銘 明義(花押)
bottom of page