葡萄文螺鈿靭

 狂言に『靱猿』があるように、古くから動物の革を材料とした靱は、軽くて丈夫なことから重宝されていた。靱は矢を収める収納具の一つで矢筒とも呼ばれ、江戸時代には大名行列を彩る格式の高い武具として用い