top of page

葡萄図鐔 無銘 秋田金工

 
 古金工を想わせる素朴な風合いが魅力の、豊穣の秋を表現した作。出羽国に栄えた正阿弥派の金工では、伝兵衛などが独特の風合いを漂わせる作品を生み出した。この鐔も伝兵衛を想わせるような古風ながら、精密な彫口で高彫され、地荒らし風に仕上げた石目地にくっきりと浮かび上がる構成。下地は渋い色合いの山銅地。枝蔓と葉は赤銅と素銅で艶やか。その快活に伸ばす枝も生命感に溢れ、たわわな金の実が鮮やか。耳に毛彫で唐草文が廻らされている点も伝兵衛らしい見どころ。

葡萄図鐔 無銘 秋田金工
bottom of page