葡萄図鐔 無銘 秋田金工

 ごく浅い六ツ木瓜の造り込みに、たわわに実る蒲萄を生気溢れる手法で彫り描いた、上品な作。地金は石目地処理によって古風な色調を呈する山銅地で古金工に通じる美観があり、耳を打ち返して覆輪風に仕上げ、画題は古典に倣ったものながら新趣の空間構成を強く訴えかけている。蔓は強く鐔全面に広がり、赤銅と素銅の色絵が施された葉も立体的でくっきりとしており、粒立った金の葡萄を一際鮮やかに見せている。耳にも毛彫で唐草文を廻らしている。

葡萄図鐔 無銘 秋田金工