葡萄図鐔 無銘 古金工

 桃山時代の埋忠明寿は、布目象嵌や平象嵌を駆使し、艶やかな題材に墨絵風の技法を用い、琳派にも通じる美観の鐔を手掛けている。このたわわに実る葡萄に題を得た鐔は、名もなき古金工の手になるものだが、黒味の強い山銅地に色金を活かした毛彫金色絵に、埋忠派にも通じる素銅と銀の平象嵌を加味した洒落た作。

葡萄図鐔 無銘 古金工