葡萄図大小柄 無銘 古金工

 葡萄は薬としての効用が認められたことから武具や防具の装飾に採られている。この大きな小柄は、戦乱の時代を生き抜いてきた痕跡が所々に残る実用具。地位の高い武士が備えていたもので、いかにも堂々とし、葡萄の表情も生命感が豊か。古色溢れる山銅地を石目地に仕上げ、主題の周囲をわずかに彫り下げて高彫に仕上げる古様式が明瞭。猪目小透、葡萄の金色絵、葉に赤銅と素銅を用いて色調の変化を求めている点が高級である。

葡萄図大小柄 無銘 古金工