top of page

菊花透鍔(鐔) 無銘 古金工

 菊花透は秀逸なデザインだが、透の幅の広狭で受ける印象がまるで違うのは面白い。切羽台の片面を深く掘り下げて空隙を作ったのは切羽同様に衝撃を吸収するためであろう。素朴で温かみのある山銅地には数百年の時が降り積もり濃淡様々な表情を見せる。室町時代の腰刀に装着されたものである。

菊花透鍔(鐔) 無銘 古金工
bottom of page