top of page

菊花透図鐔 銘 武州住赤坂忠時作

 大輪の菊花を鐔全面に意匠した赤坂五代目忠時の作。赤坂鐔の醍醐味は、独特の意匠からなる曲線構成の透かしが生み出す景色にある。菊花形耳のバランスが良く、葉もまた大胆に花に重ね添えて変化に富み、透しも自然な曲線を成し、殊に花の先端がくるっと曲がった様子が美しい。色黒くねっとりとした光沢がある地鉄、わずかに碁石形に仕立てられたなだらかな地面、そこに施された微かな毛彫。いずれも赤坂美の要素として完成している。

菊花透図鐔 銘 武州住赤坂忠時作
bottom of page