top of page

菊花透図鐔 銘 佐州住利貞

 佐州住と居住地を添える利貞は、江戸後期の佐渡を代表する鐔工の一人で、江戸でも製作しており、洒落た構成で鉄地に風物図を彫り表わす手法を専らとしている。この鐔も、大輪の菊花を個性的に図案化して葉と組み合わせ、左右非対称の美観を創出している。緻密に詰んだ鉄地を彫り込み、量感のある肉彫に表し、毛彫と点刻を加えて花弁の柔らか味を表現している。 

菊花透図鐔 銘 佐州住利貞
bottom of page