top of page

菊花尽透図鐔  無銘 長州

 菊が密集している様子を描いた図柄は、咲き競う花が品位高く香る様子をも文様化したもので、押合菊とも呼ばれている。この鐔は、植物を正確に捉えた写実的高彫表現を得意とした長州鐔工の作品。鉄地を大振りに造り込み、細やかな肉彫で菊花を濃密に彫り出し、地を透かし去って花が際立つように構成している。図中の金は控えめだが、耳に廻らされた繊細な金の文様は、拵に装着した際に美観を高める要素となっている。

菊花尽透図鐔  無銘 長州
bottom of page