top of page

菊花図鐔 無銘 平安城象嵌

 大振りで撫角形の隅を浅く切り込んだ木瓜形とし、切羽台に比較して耳際を薄く仕立てた品のある碁石形の造り込み。平安城象嵌と汎称される鐔は、古様式から新趣へと発展の過程で生み出された。鍛え強い鉄地の全面に真鍮で菊花を象嵌表現したこの鐔は、その筋立つ線による繊細な文様構成が最大の美観。その背後に桃山時代を生きた武士の骨太な意識が窺いとれるのも魅力である。

菊花図鐔 無銘 平安城象嵌
bottom of page