top of page

菊桐唐草文図鐔 無銘 古鏡師

 鋳型を利用した金属装飾は、古墳出土の銅鏡に例があるように歴史が古く、その古調な風合いが好まれて装剣小道具にも採り入れられている。地面の厚さが二ミリに満たない極薄に仕立てられた素朴な山銅地のこの鐔は、鋳型特有の砂地状の肌合いが渋い色調を呈し、桐紋や菊花、唐草文などを綺麗に浮かび上がらせている。土手耳部分には瑞雲状の鋤き込みがあり、これも地面に連続して不思議な味わいを成している。

菊桐唐草文図鐔 無銘 古鏡師
bottom of page