top of page

菊慈童図鐔 銘 一柳友善(花押)

 『菊慈童(きくじどう)』は古代中国に生まれた菊の薬効伝説を背景とする物語。謡曲にも採られ、江戸時代には重陽の節句に関わる伝説として広く定着している。描かれているのは筆を持つ菊慈童とその背後に菊、裏面には菊の葉から滴り落ちた水が流れを成す瀧。渋く落ち着いた色合いの朧銀地を、精巧で正確な彫口で写実表現している。硯と筆は菊慈童が菊の葉裏に詩を認めたことによる。龍神図を得意とした水戸の名工一柳友善の稀に見る人物図で、その高い技量が示された優品である。

菊慈童図鐔 銘 一柳友善(花押)
bottom of page