荒磯透図鐔 無銘 金山

 時代の上がる鉄鐔のみが備える力強さが満ち満ちた作。鉄色黒くねっとりとした光沢があり、耳だけでなく鍛え叩き締めた鎚の痕跡が残る地面にまで黒々とした鉄骨がうねり、強靭な鋼のみが示す究極の素材美。図柄は荒磯を打ち付け渦巻く波。強弱変化に富んだ曲線を組み合わせるところは時代の上がる古正阿弥派の洗練された風合いをも感じさせ、武骨さで通る金山鐔の魅力の幅を広げているようだ。透かしの切り口は鏨で削ぎ落したように力強く、これも大きな魅力。掌中で、指先で、この古寂な質感を楽しんでほしい。

荒磯透図鐔 無銘 金山