top of page

草摺曳図縁頭 銘 兼随

 『曽我物語』に取材した、曽我五郎の怪力を示す名場面。兄十郎を助けるために鎧を着込んで駆けつけようとする五郎と、その鎧の草摺を摑んで引き留める朝比奈。互いに引き合ったものの、ついに縅絲が斬れてしまった…。赤銅地を細かな石目地に仕上げ、動感のある正確な構図で活力と生気に満ちた場面を活写している。兼随は浜野政随の子でその二代目。写実的な高彫で江戸に栄えた浜野家を代表する一人。

草摺曳図縁頭 銘 兼随
bottom of page