top of page

茄子図二所 無銘 古後藤

 茄子は、花が咲くと必ず実を着けることから、また沢山の実が成ることから子孫繁栄を意味し、葡萄や瓜などと同様に装剣小道具の装飾として好まれている。この二所の目貫は、時代の上がる目貫の特徴が顕著。黒味の強い赤銅地を薄手に仕立て、裏からの打ち出し強くふっくらとさせ、表面からは切り込み深く際端(きばた)を絞り立体的に表現している。施されている金はうっとり色絵。小柄も同様に高彫がふっくらとして量感あり、これもうっとりの手法。銀の露(つゆ)象(ぞう)嵌(がん)と、時を経て表面が擦れた金の薄板も味わい深い。

保存刀装具鑑定書(古金工)

茄子図二所 無銘 古後藤
bottom of page