花蕾透図鐔 無銘 京透

 藤の花の蕾が連なる様子を円周状に文様化したものであろうか、雅な風情の漂う鐔。京透は、鉄地に細い線を組み合わせたものが多いが、本作は切羽台にも菊花風に抑揚を付けており、総体が美しい曲線からなる構成の集合となっている。蕾の一つ一つが僅かに傾いているため、これらが流れるような動きを生み出している。

花蕾透図鐔 無銘 京透