花籠図二所 銘 野村知徳(花押) 行年六十八歳

 花籠に活けられた秋草を題とし、紋の高さを四ミリと極めて肉高く華やかに彫り出した、阿波金工野村知徳の二所。金地の上に施されている色金は赤銅、朧銀、青金で、いずれも置金の手法で焼き付けた、贅沢でしかも色金が映える表現。
 蜂須賀家お抱え金工野村家は、初代正時が後藤顕乗に学んで独立したことから阿波後藤と尊称されている。

花籠図二所 銘 野村知徳(花押) 行年六十八歳