花桐透図鐔 無銘 神吉

 肥後金工伝統の桐樹を題に得たこの鐔は、鉄色黒々として光沢強く、葉脈の毛彫がくっきりと鮮やかに仕立てられており、地透の構成線とも連動して風に揺れるような動きと生命感を漂わせている。切羽台に比較してごくわずかに耳際が薄手の造り込みは品位高く、西垣の歪みとは異なる安定感が大きな魅力。阿弥屋惣右衛門が神吉楽寿と箱書している。

花桐透図鐔 無銘 神吉