top of page

花文透図鐔 無銘 古正阿弥

 良質の鉄地を叩き締めて甲冑師鐔のような薄手に仕立て、地面には鎚の痕跡を残し、細い線と面との組み合わせになる簡潔ながら味わい深い透かしを施した時代の上がる鐔。戦場で活躍したものであろう、時を重ねて朽ち込みも生じ、鍛え肌と働き合って鉄地ならではの自然な景色を生み出している。鉄色黒くねっとりとした光沢に包まれ、カランと乾いたような響音も魅力。指先で鋼の質感が楽しめる作品である。

花文透図鐔 無銘 古正阿弥
bottom of page