top of page

花弁透図鐔 無銘 金山

 鍛え強く緊張感に満ちた鉄地そのものの味わいが、鑑賞の掌に伝わりくる作。鉄色黒く渋い光沢に包まれ、さらに色合いの黒く艶のある粒状筋状の鉄骨(てっこつ)が、鉄の表面を突き破るように、耳から地面にかけて無数に突出している。小振りに引き締まった造り込みで抜き差しに障りなく、角形であることから咄嗟の場合にも転げることなく摑むことのできる、実用性を高めた構造。図柄は花か銀杏葉か、いかにも古風で味わい深い。

花弁透図鐔 無銘 金山
bottom of page