top of page

花唐草図鐔 無銘 平安城象嵌

 大振りで堂々とした変り形の平安城象嵌鐔。与四郎式に桔梗紋を欄間透して上下左右に配し、それらを馬の鞍型の地透で繋いでいる。実に独創的な面白い形状である。鞍型の地鉄全面に唐草文を真鍮象嵌し、縁は縄目文様の真鍮象嵌で入念に飾られている。錆色と渋い輝きを放つ真鍮が程よく調和し、どこか異国風を思わせるユニークな意匠と相俟って印象深い。

花唐草図鐔 無銘 平安城象嵌
bottom of page