top of page

花丸紋散図鐔 無銘 加賀金工

 植物の意匠は古くからあり、有職模様などのように衣服などに採られて雅な風情を漂わせものも多い。円形に意匠されたのは桃山時代以降であろうか、品位高くしかも妖艶な香りを漂わせることから女性の着物に採られることが多く、江戸時代には大いに流行した。加賀(かが)金工(きんこう)と極められたこの鐔は、漆黒の赤銅魚子地で澄明感のある背景とし、量感のある高彫で梅、桜、牡丹、水仙、菊、椿の葉と花を彫り出し、金銀の色絵を加えてそれぞれの特徴をも的確に描写している。金の覆輪、櫃穴覆輪も豪華さを高めている。

花丸紋散図鐔 無銘 加賀金工
bottom of page