芦透図鐔 無銘 古赤坂

 個性の強い装飾的透かしを創案し、江戸に栄えた赤坂鐔工の初、二、三代には銘がないことから古赤坂と呼び慣わしている。殊に時代の上がる作は地鉄が古調であり、数奇者の垂涎の的となっている。この鐔が良い例で、図柄は水辺に生える芦。形状は四方が張った角形で厚手、鉄色黒く層状の合せ鍛えの肌が鮮明、透かしの切り口が鋭く、小柄櫃に比較して笄櫃が小さい。野田喜代重氏が初代と極めた箱書が付されている。

芦透図鐔 無銘 古赤坂