top of page

臥牛図目貫 金短冊銘 英精花押

 荘厳な色合いの牛。後藤家の阿吽の相を示す牛とは異なってゆったりと寝そべる構図。太陽の光を浴び、草を食んで丸々と肥えた様子は穏やかな季節と、それによる豊穣、不安のない世の中を暗示している。金無垢(きんむく)地も武家による安定した政治を意味している。暖か味のある金無垢地を打ち出し強くふっくらとした容彫とし、優しい目に比して角の張り様が力強く、腰の辺りの肉付きが良く、さらに写実味も高めて生命力を表現している。横谷英精は伊右衛門と称し宗珉流の華麗を突き詰めた名人。

臥牛図目貫 金短冊銘 英精花押
bottom of page