背負陣太鼓

 陣太鼓は、古くは祭礼用の大太鼓が用いられた。『国立歴史民俗博物館本 前九年合戦絵詞』には、棒に吊るした太鼓を力者二人が担ぎ、その脇に桴(ばち)を持った武士の姿がみられる。また、『源平盛衰記』によれば宇治川合戦の最中、義経は平等院より太鼓を借り出しているという。これも祭礼用であろう。
しかし、大規模な集団戦法が普及する