top of page

羽根図透鍔(鐔) 銘 越前住記内作

 矢羽根や茶道具の羽箒など美しいだけでなく実用品でもある鳥の羽根。それを一枚一枚重ねて円を形作り、不規則に内側に散らし置いて動きを出している。くっきりと立体的な羽軸には細かく横縞が刻まれている。そこから斜めに伸びる羽弁の規則的な毛彫は観ていて気持ちが良い。羽の表裏を描き分け、所々に斑を入れて表現は写実的。鍛えの良い鉄地としなやかで強靭な羽根の意匠は絶妙な取り合わせ。銘は記内の「内」の三画目四画目が「入」となる「入り記内」である。

羽根図透鍔(鐔) 銘 越前住記内作
bottom of page